新築一戸建てと中古一戸建ての違いについて

新築と中古はどちらが賢い選択なのでしょう。ネットの記事を見ますと「新築VS中古」でメリット・デメリットがズラズラズラーっと紹介されていて目を通すだけで疲れてしまいそうです。最新設備の整った新築物件は実際に入居してみないと隣人の様子や日当たり、音漏れの度合いなどがわかりにくいといった特徴があります。一方中古物件は駅から近いなど立地がよく同じ予算ならば新築に比べて断然広い部屋に住むことができます。ただ中古物件は個人が売主になることが多いのでアフターケアなどの保証は期待できない場合もあるようです。

一般的な人間からしたら一生に一度の大きな買い物、それが住宅の購入です。住宅の購入には様々な検討点がありますが、新築と中古というのも大きな観点の一つになるものだと思います。私個人の意見からすると、以前に知らない人間が住んでいた住居を購入するというのはあまり考えられませんが、賃貸物件を考えますとごく当たり前の事象とも言えます。また、中古物件にもたくさんのメリットが存在しますので、人気が高いというのもうなずけます。住宅購入の際、価格の面で大きなポイントとなるのがその不動産が新築であるか、中古であるかという点です。新築と中古では価格も価値も相当に異なりますし、実際に居住する際にそのことがネックになることもあります。新築と中古には明確な差があり、基準もはっきりしています。一般的に言われる新築物件というのは建設が完了してから一年以内の物件のことを示しており、基本的には入居者がいない状態のことを指しています。この2つの条件がそろって初めて新築ということができますし、それ以外を中古として区別することができます。稀にあるケースとしては建築から一年以上経過したけれど入居者がいない物件のことです。これは新築と認定されるための条件を1つは満たしていますが1つは満たしていない状態ですから、中古という扱いになります。新築と中古の住宅には他にもいくつか差があります。

426 6/4

新築一戸建てと中古一戸建ての違いについて | 中古物件 | 中古物件の利点 | 修善が必要な場合も | Site Map

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建てと中古一戸建ての違いについて.